美肌

MENU

まず、これから始めました

▼水洗顔

 

 私がまず最初に行ったのは、朝は水洗顔にしたことです。

 

 水洗顔の良さは、「水洗顔のススメ」でも紹介していますが、肌に刺激を与えずに汚れを落とすことと、潤いを守ることが目的です。

 

 水で50回ほど顔をすすいだあとは、精製水を使って水道水の塩素を落とします。

 

その後、イオンスチーマーでスチームを浴びながら化粧水をつけます。

 

 

▼イオンスチーマー・化粧水・乳液

 

 スチームを浴びながら、化粧水を手のひらで優しくつけます。

 

 スチームを浴びることで、化粧水の浸透が良くなります。また、手のひらでつけることで、刺激を与えずにつけることができます。

 

 5分程度スチームを浴びながら化粧水をつけたら、乳液を同じように手のひらでつけます。

 

 

▼メイクは軽く

 

 メイクは、日焼け止めとお粉、それと簡単に眉毛を整えるだけにしました。

 

 日焼け止めは、石鹸などの洗顔料で落とせる「サンベアーズセンシティブ」に。

 

 お粉はチャコットで、ブラシで軽くつけます。

 

 意外と(?)これだけでも、アラは隠れました。日中、脂浮きしてきますが、ティッシュで軽く押さえれば、崩れもありません。

 

 きちんとお化粧をしなくてはいけない職場の方は、これにチークやアイシャドウを足すと良いと思います。

 

 夜は、私は石けんのみで落としていますが、肌に残ったりせずに、ちゃんと落ちます。

 

 

▼ピーリングはしない

 

 それまで私はピーリングが大好きで、ほとんど毎日のようにピーリング用の洗顔料や化粧水で肌の手入れをしていました。

 

 しかし過度のピーリングは、肌を傷つけるだけということをようやく知り、それ以来ピーリング断ちをしました。

 

 

ニキビ対策

▼にきびがひどくなる時

 

 にきびは、月経が近くなると顔中に現れました。

 

 月経が近くなると脂っぽくなるので、そのせいだろうと思っていたのですが、なぜ脂っぽくなるのかを考えたことがありませんでした。

 

 なぜ脂っぽくなるのかというと、月経が近くなると、皮脂の分泌を促進する女性ホルモンのプロゲステロンが多くなるからです。

 

 しかも、皮脂の分泌を抑制する同じ女性ホルモンのエストロゲンの分泌が、少なくなるのです。

 

 で、エストロゲンと似た働きをしてくれるのがイソフラボンですね。

 

 

▼イソフラボンを摂取する

 

 私はこのイソフラボンを豆腐や納豆、豆乳から毎日50mg程度摂取することにしました。

 

 50mgは、豆腐だと半丁・納豆だと2パック、豆乳だとコップ1杯か小さい紙パック1本です。

 

(イソフラボンは過剰摂取の危険性もありますので、75mg以上は摂らないように気をつけてください)

 

 

▼イソフラボンの効果

 

 大体月経が始まる7〜8日前から、プロゲステロンの分泌が多くなると言われています。

 

 月経を28日周期として、その7日前から大豆製品を摂り始めました。

 

 すると、いつもは午後から脂で顔が覆われているような感じがしていたのですが、それが普通の日と変わらなくなりました。

 

 月経前にできていたにきびの数も、少なくなりました。にきびを止めてくれる一つの要素になったようです。

 

 

▼他に気を付けたこと

 

 ・汚れた手で顔に触らないこと
 ・シーツや枕カバーを頻繁に変えること
 ・甘い物を食べ過ぎないこと
 ・油分の多い食べ物を控えること
 ・ビタミンB2をサプリメントで摂ること
 を心がけました。

 

 今までできそうでできなかったことを、思い切って頑張ってやることで、にきびの減少に結びつきました。

 

 すぐににきびが消えたり、ということはありませんでしたが、だんだんと1つずつにきびが小さくなり、消えていきました。
にきびができる原因に気をつけることで、にきびはなくなるのだと実感しました。

 

 

シミ対策

 シミ対策に私が行ったのは、

 

 ・L-システインが配合されたサプリメントを飲むこと
 ・ビタミンC誘導体の化粧水を使うこと
 ・意識してビタミンCを摂取すること

 

 の3つでした。

 

 

▼ビタミンC誘導体の化粧水について

 

 ビタミンC誘導体の化粧水は、市販のものは高く、まだ効果があるかわからない状態で買うのも抵抗があったので、手作りすることにしました。

 

 私は「Duty」さんで、ビタミンC誘導体の粉末とグリセリンを購入しました。
 (詳しい作り方も、こちらのサイトにのっています)

 

 最初は低濃度の2%のビタミンC誘導体化粧水をつくり、肌がピリピリしないことを確認したら、5%のものを別につくりました。

 

 2%のものは薄いシミに広くつけ、5%のものは濃いシミにだけつけました。

 

 

▼辛抱強く続ける

 

 シミが消えるまでには長い時間がかかると言われているので、あまりシミを気にしすぎないようにしながら続けました。

 

 2ヶ月がたった時、思い切ってじっくり鏡を見てみると、目の下にたくさんあったシミが肌色と同化しそうなくらい薄くなっていました。

 

 濃いシミは、やや薄くなったような気もしましたが、光の加減で変わったりして、まだわからない感じでした。

 

 しかし薄いシミはかなり肌色に近くなったので、これからも引き続きシミのケアをしていこうと思います。

 

 

毛穴対策

▼毛穴についての情報集め

 

 今まで散々毛穴をいじめてきたせいか、鼻や頬は、見るに耐えないような状態になっていました。

 

 特に鼻は黒ずみ、カバー力のない下地や薄づきのファンデーションでは隠れないこともありました。

 

 この状態を何とかしようと、まず毛穴についての情報を集めました。

 

 すると、毛穴の黒ずみを無理やりとるようなパックやピーリングは逆効果、ということを知り、何だか騙されたような気持ちになりました。今までやってきたことは何だったのだろう、と。

 

 

▼毛穴対策をはじめる

 

 まだ取り返しはきくので、前向きにケアしていこうと思いました。
毛穴のケアについて、私がしたことは以下の点です。

 

 1.毛穴の黒ずみを無理やりとるパック・ピーリングはしない
 2.黒ずみの原因となる皮脂のバランスを適度に保つ
 3.肌に潤いを与え、キメの細かい肌にすることで、毛穴を目立たなくさせる
 4.収れん化粧水で引き締め

 

1と4についてはそのままなのですが、2と3については簡単に解説します。

 

 

▼『黒ずみの原因となる皮脂のバランスを適度に保つ』こと

 

 皮脂のバランスを保つために、私は、甘い物や油分の多い物を摂らないこととビタミンB2の摂取に心がけました。
 (これは、にきびにも効果のあることですね)

 

 ビタミンB2は食品から摂りにくいので、サプリメントで摂ることにしました。

 

 

▼『キメの細かい肌にすることで、毛穴を目立たなくさせる』こと

 

 キメを細かくするためにはどうしたらいいのかというと、セラミドの補給が大切です。

 

 セラミドは生芋こんにゃくに多く含まれていて、半丁で一日に必要な量を摂ることができます。

 

 

▼1ヶ月続けた結果

 

 これらのことを続けていくうちに、毛穴に回復の兆しが見えてきました。

 

 1週間目で、黒ずみがやや薄くなり、肌全体がふっくらとしてきました。

 

 2週間目で、いくつかの黒ずみがなくなり、さらに薄くなりました。

 

 1ヶ月がたつと、日焼け止め+お粉の軽いお化粧でも、毛穴の黒ずみと開きが目立たなくなりました。

 

 ここまで回復したのは初めてで、もっと前からやっておけばよかったと反省しました。

 

 

サプリメントの活用

▼サプリメントの意義

 

 栄養素は、なるべく食物から摂った方が良いのですが(他の栄養素も摂ることができるのと、その相乗効果もあるため)、どうしても摂りにくい栄養素というものがあります。

 

 それを補うのが、サプリメントです。私も肌の改善のためにサプリメントを活用しました。

 

 

▼どんなサプリメントを摂ったのか

 

 ・ビタミンB2(にきび、毛穴の黒ずみ)
 ・L-システイン(シミ)
 ・セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸(肌の潤い・キメ)
 ・ビタミンC(コラーゲンの生成とシミ) ビタミンB2は普段の食事と併せて摂ったり、甘い物や油物を食べ過ぎたときに、摂ります。

 

 ビタミンCは食品から摂取できなかった時に、普段の食事と併せて摂ったり、コラーゲンと併せて摂ります。

 

 

▼サプリメントは効果がすぐに現れにくいもの

 

 サプリメントって化粧品と違って、飲んで次の日改善した!というものではないので、疑心暗鬼になることもあるんですよね。

 

 でもとにかく続ける日数を決めて、それまで頑張って続けることが大切です。

 

 決めた日数を越しても効果が出ないならば、やめても良いと思います。その後、違うケアを見つけてそれを頑張れば良いのです。

 

 私は一度サプリメントをやめてから、にきびができたり肌のキメがなくなったように感じたので、またサプリメントをはじめたんです。

 

 そしたら元の肌の状態に戻ったので、やっぱり効果はあったんだな、と感じられました。

 

 

美肌になった実感は・・・

▼肌がきれいになりはじめた時

 

 3日程たった頃、前より少し肌がふっくらとしていることに気が付きました。

 

 にきびの発生も、乾燥もありません。このまま続けてみようと思い、1週間がたって、水洗顔をしたあとに鏡をみてみました。

 

 そしたら肌がさらにふっくらとハリが出ていて、自分の肌ながら思わず感動してしまいました。

 

 普段のやり方を変えたりしただけで、こんなにキレイになるとは思っていませんでした。

 

 高価な化粧水を使っても、ここまで回復しなかったのに、そのやり方が悪かっただけだと気が付きました。

 

 効果が現れなかったのは、きちんと化粧水を浸透させず、肌をゴシゴシ洗っていたからです。

 

 

▼効果を引き出すこと

 

 スキンケア製品の効果を100%引き出せるかどうかは、自分の使い方にあるのです。

 

 いくら高価でも、口コミで高い評価であっても、その使い方が正しくなければ効果は現れません。

 

 

▼続けることが大切

 

 「継続は力なり」という言葉は肌にとても当てはまると思います。
ケアをして1日で効果も現れる人もいますが、それは稀です。

 

 私の場合は始めて3日で「あ、いい感じになってきたな。」と思えましたが、1週間や1ヶ月かかる人もいると思います。

 

 すぐに挫折したりせずに、続けることが大切です。

 

 そうすれば、日増しに肌がきれいになっている、ということを実感できる日が来るはずです。