美肌

MENU

コットンパック

コットンパックを確立した人として、佐伯チズ先生が有名ですね。
ここでは、佐伯チズ先生の方法を少し変えたやり方を紹介します。

 

コットンパックとは?

 コットンを肌に密着し、また時間を置くことで、化粧水の成分がより浸透しやすくなり、肌に潤いやハリを与える効果があります。

 

用意するもの

・コットン
・化粧水
・精製水

 

コットンパックの仕方

1.化粧水をコットンに含ませ、軽くパッティングをします。

 

2.化粧水を含んだコットンに、更に精製水を含ませます。

 

3.コットンを裂いて薄くし、肌にまんべんなくのせます。

 

4.コットンが足りなければ、コットンに化粧水と精製水を含ませ、同じように裂いて肌にのせます。

 

5.10分後、コットンをはがしたら、美容液や乳液で通常のお手入れをしてください。

 

 

 

ラップ&タオルパック

ラップ&タオルパックの効果

 ラップで肌を密閉し、タオルで温めることで、肌に化粧水等の成分が浸透しやすくなります。

 

用意するもの

・鼻と口にあたる部分に穴をあけたラップ
・タオル
・化粧水や美容液

 

ラップ&タオルパックの仕方

1.化粧水や美容液を肌になじませます。
2.ラップを顔にのせ、密着させます
3.タオルを電子レンジやお湯で温め、顔にのせます。
 電子レンジでの温め方は、湿らせたタオルをそのまま電子レンジに入れ、30秒程温めます。
 この時、温めすぎると火傷の危険性がありますので注意してください。タオルが冷めたと感じたら、その都度温め直します。
5.5〜10分後、タオルとラップをとります。
6.乳液やオイル等で通常のお手入れをします。

 

 お風呂にはいりながらパックをすると、お湯ですぐにタオルを温め直せるので、よりパックがしやすいと思います。

 

 

 

きな粉パック

きな粉パックの効果

 きな粉に含まれるイソフラボンが、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助け、肌のハリや保湿力を高めたり、シミのもととなるメラニンの生成を抑えます。

 

用意するもの

・きな粉  大さじ1
・化粧水(ビタミンC誘導体等のアルカリ性化粧水でないもの) 3ml
・乳液やオイル等、お手入れの最後に使うもの 2ml程度(お好みで減らしたり増やしたりしてください)

 

きな粉パックの仕方

1.材料を全て混ぜ合わせます。
2.混ぜ合わせたものを顔にまんべんなくのせます。
 この時、顔をこすったりすると、きな粉の粒子で肌が傷つくことがありますので、注意してください。
3.10分後、洗い流します。
4.化粧水等で軽く整え、乳液やオイル等で通常のお手入れをします。

 

 

 

ヨーグルトパック

ヨーグルトパックの効果

 ヨーグルトには様々な成分が含まれており、特にビタミンB群が豊富です。
ビタミンB群は細胞に働きかけて新陳代謝を促進したり、ニキビを抑制する働きがあります。

 

用意するもの

・ヨーグルト 大さじ2
・小麦粉 適量
(ヨーグルトを耳たぶくらいのやわらかさにします)
・乳液やオイル等お手入れの最後に使うもの 2ml程度

 

(お好みで減らしたり増やしたりしてください)

 

ヨーグルトパックの仕方

1.材料を全て混ぜ合わせます。
2.混ぜ合わせたものを顔にまんべんなくのせます。
3.10分後、洗い流します。
4.化粧水等で軽く整え、乳液やオイル等で通常のお手入れをします。