美肌

MENU

シミの種類と原因

老人性色素斑
 加齢に伴って症状が現れますが、早い人では20代から症状が現れる人もいます。予防は効果的ですが、できると治すのは難しいです。

 

原因:
紫外線

 

部位:
顔面や腕、手の甲

 

脂漏性角化症
 老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれます。大きさや色調などが様々で、黒くイボのようなものから、褐色のものや、肌色のものもあります。予防は効果的ですが、できると治すのは難しいです。

 

原因:
加齢、紫外線

 

部位:
顔、頭部

 

肝斑
 両頬に左右対称に広がるシミで、女性特有です。特に妊娠の時のシミを「妊娠性肝斑」といいます。

 

 「妊娠性肝斑」は出産が終わると治ることもありますが、その他の原因のものについては治すことが難しいです。

 

原因:
妊娠、紫外線、過労やストレス、ある種の薬剤(経口避妊薬、抗てんかん薬などの一部)

 

部位:
両頬

 

光線性花弁状色素斑
 プールや海で日焼けをした後にできる花びら型のシミです。予防は効果的ですが、できると治しにくいものです。

 

原因:
紫外線

 

部位:
肩、背中

 

光雀卵斑(=ソバカス)
 遺伝性があり、5歳頃から症状が現れます。紫外線によって色調が濃くなり、大量に浴びると数が増えるので、紫外線対策が重要です。 予防は効果的ですが、できると治しにくいものです。

 

原因:
遺伝、紫外線

 

部位:
鼻、頬

シミができる仕組み

シミはどうやってできるの?
 日光に当たっても、顔が赤くほてるだけですむ人や、すぐシミになってしまう人など、シミのなりやすさは人それぞれですよね。

 

 このシミのなりやすさを決めているのが、元々のメラニンの量なのです。

 

 シミのもととなるメラニンは、紫外線の刺激や肌の炎症によってつくられます。

 

 悪役のようなイメージがついているメラニンですが、この物質がないと、肌は皮膚ガン等の病気にかかりやすくなります。

 

 紫外線や炎症で肌にダメージを受けたことを、サイトカインという物質がメラノサイトという神経細胞に伝えます。

 

 情報を伝えられたメラノサイトは、細胞の中でチロシンという物質を材料にメラニンを作っていきます。

 

 このメラニンがうまく排出されないと、シミとなってしまうのです。

 

 紫外線は、メラニンをつくる最大の原因となります。また、同時に肌にダメージを与えるので、メラニンを排出する肌の力を弱めてしまうのです。

 

 紫外線対策が徹底されていない限り、シミを無くすことは難しいのです。

シミの治し方(内から)

ここでは特に、治りやすいシミの炎症性色素沈着(原因はニキビ・化粧品の刺激・火傷等)について、体の中から治す方法を紹介します。

 

L-システインを摂取する
 L-システインは、髪や爪、肌のケラチンの構成要素である非必須アミノ酸です。

 

 ビタミンCと協働してメラニンの形成を抑制し、シミ・ソバカスを予防します。また、皮膚の代謝を促進し、メラニンの排泄を促進します。

 

 L-システインが多く含まれている食品は、魚や大豆です。

 

 また、様々な会社からL-システインが配合されたシミ対策のサプリメントも販売されていますね。

 

ビタミンCを摂取する
 ビタミンCはメラニン色素を分解し、漂白する効果をもっています。

 

 メラノサイト内にあるチロシンは、チロシナーゼという酵素によってメラニンに変化します。ビタミンCは、このチロシナーゼの働きを抑制します。

 

 また、その他にも、皮膚の新陳代謝を活発にする効果、コラーゲンの生成促進効果、肌に害を与える活性酸素の活性化を抑制する効果があり、これらの働きが相成って、シミに働きかけます。

 

 ビタミンCが多く含まれている食品は、アセロラ、キウイ、いちご等です。ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいので、できれば生で食べたいですね。

シミの治し方(外から)

ここでは特に、治りやすいシミの炎症性色素沈着(原因はニキビ・化粧品の刺激・火傷等)について、体の中から治す方法を紹介します。

 

ビタミンC誘導体
 ビタミンC誘導体とは、酸化されやすいビタミンCを安定化したものです。ビタミンCにリン酸基が結合し、角質層への浸透性が高い物質です。

 

 ビタミンC誘導体はメラニン色素の近くでビタミンCに変化し、メラニンの生成を抑制します。また、できてしまった黒色メラニンを無色の還元型メラニンに変化させる働きがあります。

 

 その他の効能として、活性酸素の消去、コラーゲンの生産能力の向上、毛穴の引き締め等があります。

 

 ただ、ビタミンC誘導体の化粧水だけでは保湿が足りないことがあります。ビタミンC誘導体の化粧水を使用したあとに、保湿効果の高い化粧水を使用した方が良いでしょう。

 

ハイドロキノン
 ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも言われ、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止します。

 

 美白用化粧品の成分として知られているアルブチンやコウジ酸に比べると、その効果が数十倍といわれています。できてしまったシミ・そばかすを薄くし、メラニン色素の生産を抑えます。

 

 化粧品では配合濃度が低いので、より効果を求めたいなら医薬品を使うのがおすすめです。

シミの予防

紫外線対策
 とにもかくにも、紫外線対策をしないことに、シミは治りません。

 

 そこで重要なのが、日焼け止めですね。日焼け止めのパッケージに表示されているSPFとPAは、以下のことを示します。

 

・SPF ...Sun Protection
Factor(サンケア指数)の略です。
SPF20だと、何も塗らない状態の20倍、紫外線を防ぐということです。
何も塗らない状態だと、20〜25分で肌は赤くなります。この時、例えばSPF20の日焼け止めを塗っていたら、

 

20〜25分×20
= 約6時間半〜8時間20分、肌が赤くなるのを防ぐことができます。

 

・PA ...Protection grade of

 

UVAの略です。UVAとは、太陽光に含まれる光成分(太陽紫外線)のひとつです。3段階に区分され、効果の度合いを「+」の数で表示しています。

 

ビタミンC、ビタミンEを摂取する
 ビタミンCはメラニンの沈着を防ぐ効果をもっています。また、ビタミンEは紫外線による過酸化脂質の生成を抑えます。

 

 ビタミンCとビタミンEは協働して、細胞膜や脂質の酸化を抑えます。ビタミンEは自身が酸化すると壊れてしまいますが、この時ビタミンCがあると、壊れたビタミンEを再生してくれるのです。

 

 ビタミンCが多く含まれている食品は、アセロラ、キウイ、いちご、じゃがいも等です。また、ビタミンEが多く含まれている食品は、ナッツ類や、西洋かぼちゃ、アボカド、植物油等です。

 

 ビタミンC、ビタミンEともに熱に弱く水に溶けやすいので、できれば生で食べるのが一番です。フルーツサラダにして食べるのがおすすめです。

シミを隠すメイク

シミを隠すにはコンシーラーを
 シミを隠すためには、コンシーラーが役立ちます。コンシーラーには液状のもの、練り状のもの等がありますが、ここでは特に液状のものと練り状のものについて紹介します。

 

コンシーラーを塗る順序の例として、リキッドファンデーションをお使いなら、リキッドファンデーション
⇒ コンシーラー ⇒ パウダーです。

 

 バウダーファンデーションをお使いなら、コンシーラー ⇒
パウダーファンデーションです。

 

液状コンシーラー
 薄いシミには、液状のコンシーラーが良いでしょう。シミを自然に目立たなくしてくれます。

 

 シミの部分とその周囲にやや広めに塗ったら、手で軽くポンポンと肌になじませます。この時、シミの部分はあまり触れないで、シミのまわりの部分を肌になじませることがポイントです。

 

練り状コンシーラー
 濃い目のシミには、練り状コンシーラーが適しています。ただし、多用しすぎると厚化粧気味になるので、注意が必要です。

 

 シミを塗りつぶすようにコンシーラーをのせたら、ぼかすように軽くなじませます。リキッドファンデーションをお使いの方は、更にその上にリキッドファンデーションを薄くのせると、よりシミが目立ちません。

 

コメントする